RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

スペアミントとペパーミントの違いと効能なのど紹介

更新日:


スペアミントは歯磨き粉やガム、アイスクリームの飾りなどに利用されることの多いハーブです。ペパーミントに似ていますが、スペアミントの方が歴史が古く、香りがマイルドだといわれています。ハーブティーとしても利用され、心身ともに効能があるお茶として親しまれています。
今回は、そんなスペアミントティーの効果や入れ方、注意点などについてご紹介します。

スペアミントティーとは

スペアミントはシソ科ハッカ属に分類される植物の一種で、ヨーロッパやアメリカなどを原産地とする多年草です。他のミントよりも歴史があり、古くから香料や消臭材などとして使用されてきました。聖書にスペアミントの一種が登場しているという説もあります。現在でも歯磨き粉やガム、料理やお菓子作り、ハーブティーなど幅広く愛用されています。スペアミントティーに含まれる主な成分はリモネン、フラボノイド、タンニンなどです。

ペパーミントについてはこちらを参照

ペパーミントティーの効能!集中力アップや整腸作用に効果的!妊婦さんは要注意!

ペパーミントは、清々しいメントールの香りが特徴のハーブです。爽やかな香りだけではなく、胃腸の調子を整 ...

続きを見る

味・香り

スペアミントティーにはスッキリとした清々しい味わいがあります。香りはミント特有の清涼感ある香りですが、ペパーミントよりも優しい香りだといわれています。

効果・効能

スペアミントティーには消化器系のトラブルを緩和する作用があるため、食べ過ぎや胸やけ、消化不良や食欲不振などの症状緩和に役立ち、お腹に溜まったガスの除去や便秘の解消などにも期待できます。消臭作用もありますので口臭の予防にも効果的で、マウスウォッシュとしても役立ちます。飲み口がさっぱりしているため、乗り物酔いなど気分が優れない際にもおすすめです。また、殺菌作用にも期待できますので、風邪の予防などにも有効です。気分を穏やかにする働きもあるため、ストレスや苛立ち不安感などの軽減に役立ちます。さらに、頭をクリアにしたり神経を集中させるなどの働きにも期待できるといわれています。そのほか、頭痛や生理痛などの緩和にも役立ちます。

アロマの効能

スペアミントの香りには鎮静作用があるため、気持ちの高ぶりやイライラ感を落ち着かせたり、不眠を改善するなどのリラックス効果に期待できるといわれています。一方、気分をリフレッシュする作用もありますので、気分の落ち込みや神経疲労などの緩和に役立ち、気分転換を図ったり眠気を取りたい時などにも有効です。また、胃腸の働きを整える働きにも期待でき、消化不良や膨満感、二日酔いなどの症状緩和にも役立ちます。そのほか、乗り物酔いや鼻づまりの緩和、防虫などの効能があるといわれています。

副作用デメリット

スペアミントティーはノンカフェインですが、妊娠中授乳中の方は飲用を控えた方がいいといわれています。

入れ方・飲み方

スペアミントティーの入れ方

1.カップに沸騰したお湯を入れ、カップが温まったらお湯を捨てます
2.カップのフィルターにスペアミントを入れます
3.お湯を注ぎ、フタをして5分程度蒸らします
4.フタとフィルターを取り、出来上がったスペアミントティーをいただきましょう

スペアミントティーの飲み方

スペアミントティーは風味が比較的マイルドなので、シングルでも飲みやすいといわれています。また、他のハーブとブレンドしたり、モヒートなどに利用するのもおすすめです。

まとめ

スペアミントにはミント特有のスッキリとした風味がありますが、ペパーミントより甘味があるのが特徴です。スペアミントティーのソフトな清涼感を楽しんで、身体と精神双方の健康維持に役立ててくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.