RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ベルガモットの香りとは!凄い効能・効果を紹介!

更新日:


ベルガモットといえば、アロマオイルやアールグレイ紅茶の香りづけに利用される柑橘系のハーブが有名ですが、ハーブティーに用いられるのは別種のシソ科の植物です。清涼感ある味と香りで、呼吸器や消化器系のトラブルなどに有効なお茶として知られています。
今回は、そんなベルガモットティーの効能や飲み方、注意点などについてご紹介します。

ベルガモットとは

ベルガモットティーに使用されるベルガモットはシソ科に属する植物で、北アメリカなどを原産地とする多年草です。香りがベルガモットオレンジに似ていることが名前の由来になったといわれ、アロマオイルなどに利用される柑橘系のベルガモットとは別種のハーブになります。ネイティブアメリカンによってお茶や薬草として使用され、現在でもハーブティーやポプリなどに利用されています。ベルガモットティーに含まれる主な成分はタンニン、チモール、カルバクロールなどです。

ベルガモットティーの香り味

ベルガモットティーの香りは、柑橘系の果物を思わせるフルーティーでスッキリとした香りです。味には、清涼感と若干の辛みがあるといわれています。

ベルガモットティーの効果・効能

ベルガモットティーには殺菌作用があるため、膀胱炎やヘルペスなどの改善に効果があるといわれています。殺菌作用に加えて抗ウイルス作用もありますので、風邪の予防やケアにも役立ち、うがい薬としても利用できます。喉の炎症や痰の絡みを緩和する作用にも期待できるため、喉の痛みや気管支炎など呼吸器のトラブルにも有効です。また、胃腸の不調に働きかける作用もありますので、消化不良や胃のもたれなどを改善し、食欲や消化を促進する効果にも期待できます。駆風作用もあることから、お腹にたまったガスの解消にも有効といわれています。さらに、ベルガモットティーには抗酸化作用や消毒作用もありますので、皮膚の炎症を抑えるなどお肌の健康に役立つ効能にも期待できます。

その他にも、殺菌作用や抗ウィルス作用のあるハーブティーを紹介

ラベンダーの効能や香り、味を紹介

紫色の花と強い香りで有名なラベンダー。観賞用やアロマなどで親しまれている植物ですが、リラックス効果な ...

続きを見る

ヒース(ハーブティー)の効能と効果を紹介

小さなピンク色の花が印象的なヒースは、古くから染料や薬草などに利用されてきたハーブです。美肌や美白な ...

続きを見る

 

ベルガモットティーのアロマの効能

ベルガモットティーの香りには、気分をリフレッシュさせる作用があるといわれています。柑橘系のすっきりとした香りは、気分転換を図りたい時や気分を一新したいときに役立ってくれるでしょう。リフレッシュ作用だけでなく鎮静作用もありますので、気持ちを落ち着かせたい時やリラックスしたい時にも有効です。また、不眠の改善など安眠効果にも期待できます。その他、呼吸器の不調を緩和する作用もあり、香りや蒸気を吸い込むことによって喉の痛みなどを軽減する効能があるといわれています。

ベルガモットティーの副作用デメリット

甲状腺を患っている方はベルガモットティーを飲用しないよう注意しましょう。また、妊娠中授乳中の方も摂取を避けてください。

入れ方・飲み方

ベルガモットティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにベルガモットを入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして5分程度蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったベルガモットティーを注ぎます。

ベルガモットティーの飲み方

ベルガモットティーは、単独で飲むとスッキリとした風味を楽しめます。レモンを加えたり、他のハーブとブレンドして飲むのもおすすめです。

まとめ

ベルガモットティーは風邪や喉の炎症などに効果的なハーブティーです。香りにリフレッシュ効果やリラックス効果が期待できるのも嬉しいですね。爽やかな香りと味を楽しみながら、ベルガモットティーを日々の健康に活用しましょう。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.