RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

セージの効能や効果を紹介

更新日:


セージは心身の健康に役立つ効能があるといわれ、古くから万能薬として利用されてきたハーブです。ハーブティーとしても利用されており、独特の味わいと香りが特徴的なお茶として知られています。殺菌作用やリラックス効果などがあるため、心と身体の両方に効能が期待できるハーブティーです。
今回は、そんなセージティーの効果や入れ方、アロマの効能などについてご紹介します。

セージとは

セージはシソ科に属する植物の一種で、地中海沿岸などを原産地とする多年草または常緑低木です。古くから薬草として親しまれ、特にヨーロッパでは家庭に備える薬の一つとして育てることが多いようです。現在では肉の臭み消しやスパイス、ハーブティーなど様々な用途で愛用されています。セージには500もの種類があるといわれていますが、ハーブティーに使用されるのはコモンセージという品種です。セージティーに含まれる主な成分はタンニン、フラボノイド、ツヨンなどです。

セージティーの味香り

セージティーは、薬草を思わせるような苦みのある味わいをしています。香りは、爽快感のある特徴的な香りです。

セージティーの効果効能

セージティーには殺菌作用があるため、風邪や気管支炎などの予防やケアに役立つといわれています。うがい薬として使用することも可能で、喉の痛みを和らげるなどの効果が期待できます。血液の巡りを良くする作用もありますので、冷え性や低血圧などの改善にも有効です。胃腸の調子を整える作用もあるため、消化を助けたり、お腹に溜まったガスを除去するなどの働きにも期待できます。また、神経のバランスの乱れを調整して情緒を安定させる作用もありますので、イライラ感や軽度のうつ症状の緩和にも役立ちます。気持ちを落ち着かせるリラックス効果にも期待できるため、不眠の解消にも有効です。さらに女性特有の身体の不調にも働きかけ、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)、更年期障害などの症状を和らげる効果にも期待できます。

その他にも、風邪予防やインフルエンザ予防に効果的なハーブティーを紹介

ハーブのタイムの驚きの効能と味を紹介

タイムは、料理の香りづけやサラミなどの保存食に使用されるハーブですが、ハーブティーとしても親しまれて ...

続きを見る

アロマの効能

セージの香りには、緊張感を和らげたり、怒りや不安感を軽減するなど、気持ちを鎮静させる作用があるといわれています。気分や脳をリフレッシュする作用にも期待できるため、気分転換や集中したいときなどにも役立つといわれています。消化を促進する働きもありますので、食欲増進に効果的で、胃もたれなどの緩和にも有効とされています。また、ホルモンのバランスを整える作用もあるため、生理痛やPMS更年期障害などの症状を軽減する効果にも期待できます。

セージティーの副作用デメリット

てんかんの発作を起こしたことのある方はセージティーの摂取を避けてください。妊娠中授乳中の方、小さなお子さんも飲用を控えましょう。また、高血圧や糖尿病の薬を使用している方は飲用前に医師に相談してください。

セージティーの入れ方飲み方

セージティーの入れ方

1.お湯を沸かし、ティーカップにお湯を注ぎます。カップが温まったらお湯を捨てましょう。
2.ティーカップにセージを入れ、お湯を注ぎます
3.フタをして3分程度蒸らします
4.フタを取り、出来上がったセージティーをいただきましょう

セージティーの飲み方

セージティーはシングルでも飲用できますが、独特の風味が苦手な場合は紅茶などとブレンドして飲むことをおすすめします。

まとめ

セージは長生きに役立つハーブとしても知られてきました。近年は、認知症やアルツハイマー病の予防効果の可能性があるとして注目されているようです。セージティーを心と身体の健康維持に活用して、いつまでも元気に過ごしてくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.