RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ヒース(ハーブティー)の効能と効果を紹介

更新日:


小さなピンク色の花が印象的なヒースは、古くから染料や薬草などに利用されてきたハーブです。美肌や美白などの効能に期待できるため、美容効果のあるハーブティーとしても注目されています。
今回は、そんなヒースティーの効能や飲み方、注意点などについてご紹介します。

ヒースとは

ヒースはツツジ科に属する植物の一種で、ヨーロッパや南アフリカなどを原産地とする常緑低木です。古くから染料や燃料、薬草やウイスキーの原料など幅広く利用されてきたハーブで、ハーブティーとしても親しまれてきました。近年は特に美容に効能があるとして、ハーブティーの他に化粧水や石鹸などにも使用されています。ヒースティーに含まれる主な成分はアルブチン、ミネラル類、フラボノイドなどです。

ヒースティーの味・香り

ヒースティーは薄味で、クセもなく飲みやすいハーブティーです。香りもごく控えめで、ほとんど匂いがしないといわれています。

ヒースティーの効能・効果

ヒースティーにはメラニン色素の生成を抑えるアルブチンが含まれているため、メラニン色素が沈着するのを防ぎ、シミなどの予防に効果的です。化粧水としても利用することができ、ニキビ対策などにも有効で美肌美白のケアに役立ちます。利尿作用もありますので、むくみの改善にも期待できます。利尿作用に加えて殺菌作用もあるため、尿道炎や膀胱炎など泌尿器のトラブル軽減にも効果があります。また、腎臓機能を向上させ、尿酸の排出を促進する働きにも期待できますので、痛風の予防やケアにも役立ちます。さらに、リンパ機能を上昇させる作用もあるため、免疫力がアップし、風邪の予防などにも効果的です。その他、ヒースティーにはミネラル類も豊富に含まれていますので、疲労の回復や心身の強壮などの効能にも期待できます。

他にもニキビや美肌効果のあるハーブティーを紹介

ジャスミン茶の効能!豊富なビタミンで美肌や脂肪吸収を抑制の効果!妊婦さんは要注意!

ジャスミン茶は、オリエンタルで芳醇な香りが印象的な中国茶で、フレーバーティーとして親しまれているお茶 ...

続きを見る

 

ヒースティーの副作用デメリット

ヒースティーはお茶として適切な量を飲用する限り、特に問題はないといわれています。

ヒースティーの入れ方・飲み方

ヒースティーの入れ方

1.カップに沸騰したお湯を入れて温め、カップが温まったらお湯を捨てます
2.カップのフィルターにヒースを入れます
3.お湯を注ぎ、フタをして7分程度蒸らします
4.フィルターを取って、出来上がったヒースティーをいただきましょう

ヒースティーの飲み方

ヒースティーはシングルでも楽しめますが、味や香りがほとんどないため、物足りない場合は他のハーブとブレンドしましょう。

まとめ

ヒースティーは、美容面だけでなく健康維持にも役立つハーブティーです。控えめな味なので、他のハーブとブレンドしても味のケンカが起こりにくいのが嬉しいですね。お好みの飲み方を見つけて、ヒースティーを美容と健康に役立ててくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.