RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

レモンバーベナの香りは?効能なども紹介

更新日:


ハーブティーの女王ともいわれているレモンバーベナティー。フレッシュな香りが印象的で、リラックス効果など様々な効能に期待できるハーブティーです。
今回は、そんなレモンバーベナティーの効能や入れ方・飲み方などについてご紹介します。

レモンバーベナとは

レモンバーベナはクマツヅラ科に属する植物の一種で、チリやアルゼンチンなどを原産地とする落葉低木です。17世紀にヨーロッパに輸入され、観賞用や香料などに利用されるようになりました。現在でも様々な用途に使用され、料理の風味付けやハーブティー、石鹸や化粧品の香料などに愛用されています。レモンバーベナティーに含まれる主な成分は、フラボノイド、精油(シトラールなど)、タンニンなどです。

レモンバーベナティーの味・香り

レモンバーベナティーは清涼感のあるスッキリとした味わいです。レモンを思わせるフレッシュな香りをしていますが、レモングラスよりはマイルドな香りです。

レモンバーベナティーの効能・効果

レモンバーベナティーはリラックス効果に優れたハーブティーです。鎮静作用があるため、気持ちの高ぶりや緊張をほぐしたり、イライラや不安感精神疲労を緩和するなどの効果に期待できます。抗菌作用や抗炎症作用、抗ウィルス作用や解熱作用もありますので、風邪やインフルエンザの予防ケアにも役立ちます。血液の巡りを促進する働きにも期待できるため、冷え性の改善にも効果的です。利尿作用もありますのでむくみの対策にも有効です。また、胃腸の働きを整える働きもあるため、食欲不振や胃もたれ、吐き気などの症状の緩和にも役立ちます。鎮痛作用もありますので、頭痛や生理痛をはじめ関節炎などの痛みを和らげる効果にも期待できます。さらに、近年はレモンバーベナの抗酸化用にもスポットが当たり、アンチエイジングにも有効として注目されています。

他にも風邪やインフルエンザ予防の効能があるハーブを紹介

マジョラムとは?効能を紹介!デトックスや冷え性に効果的!?

マジョラムは、古代ギリシャの時代から使用されてきた歴史あるハーブです。現在では肉料理などに利用される ...

続きを見る

ジンジャーティー(生姜湯)の効能を紹介!風邪に効果的!?

ショウガの名でお馴染みのジンジャーは、身体の冷えや風邪などを改善するスパイスとして世界各地で愛用され ...

続きを見る

レモンバーベナティーの副作用デメリット

レモンバーベナティーを長期間大量に摂取すると、胃を痛める恐れがありますので注意が必要です。

レモンバーベナティーの入れ方・飲み方

レモンバーベナティーの入れ方

1.カップに沸騰したお湯を入れ、カップが温まったらお湯を捨てます
2.香りを引き立たせるため、レモンバーベナの茶葉を少し揉んでおきます
3.カップのフィルターに茶葉を入れます
4.お湯を注ぎ、フタをして3分程度蒸らします
5.フィルターを取って、出来上がったレモンバーベナティーをいただきましょう

レモンバーベナティーの飲み方

レモンバーベナティーは、ティータイムやリラックスしたいときなど幅広いシーンで飲用できます。飲むと口の中がサッパリしますので、食後に飲むのもおすすめです。

まとめ

レモンバーベナティーは人気の高いハーブティーですが、特にフランスではカフェの定番メニューに入るほど親しまれているんですよ。レモンバーベナティーを日々のドリンクに加えて、心身の健康に活用してくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.