RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

クコティーの効能を紹介!どんな味?むくみや冷え性に効果的!?

更新日:


クコは、不老不死に役立つとして中国で古くから生薬や薬膳などに利用されてきた植物です。近年ではクコの実がスーパーフードとして注目されていますが、クコを利用したお茶にも様々な効能が期待できるんですよ。
今回は、そんなクコ茶の効果や効能、飲み方などについてご紹介します。

クコとは

クコとはナス科クコ属の植物の一種で、中国や日本などが原産の落葉低木です。クコには様々な効能があるとして、特に中国では古来より漢方や薬膳料理お茶などに利用されてきました。クコを使ったお茶は「延命茶」とも呼ばれ、現在でも健康維持に役立つお茶として愛用されています。クコ茶に含まれる主な成分はリノール酸、ビタミンB群、ビタミンC、ルチン、ベタインなどです。

クコ茶の味・香り

クコ茶には少々青臭い風味があり、独特の味わいをしています。香りも、土や粉を思わせる少々クセのある香りです。

クコ茶の効能・効果

クコ茶には乳酸の蓄積を防ぐ成分が含まれているため、疲労回復や滋養強壮に高い効果があるといわれています。血液の巡りを良くする作用もありますので、冷え性やむくみ、生理痛の改善などにも期待でき、血液循環の不調が原因の肩こりなどにも効果的です。一方、悪玉コレステロールの増加を防いだりコレステロールの排出を促す働きもあるため、高血圧動脈硬化などの生活習慣病対策にも有効です。また、肝臓の脂肪を排出する作用もありますので、脂肪肝などの予防にも役立ちます。目の疲れを和らげる働きもあるため、眼精疲労や視力低下などの緩和にも効果的です。さらにクコ茶には抗酸化作用にも優れているため、アンチエイジングや美肌ケアといった美容面にも役立ちます。そのほか、気持ちを落ち着かせる作用や、女性ホルモンを整えるなどの効能にも期待できます。

他にも疲労回復の効能があるハーブを紹介

ハーブのタイムの驚きの効能と味を紹介

タイムは、料理の香りづけやサラミなどの保存食に使用されるハーブですが、ハーブティーとしても親しまれて ...

続きを見る

オレガノの効能と味を紹介、ハーブティー

オレガノはスパイシーな味が印象的なハーブで、薬草としてヨーロッパなどを中心に古くから愛用されてきまし ...

続きを見る

クコ茶の副作用デメリット

クコ茶には月経を促したり中絶薬の働きをする成分が含まれているため、妊娠中や授乳中の方は飲用を控えましょう。

クコ茶の入れ方・飲み方

クコ茶の入れ方

1.やかんに水とクコ茶の茶葉を入れます
2.やかんを火にかけ、水を沸騰させます
3.沸騰したら弱火にし、8分程度煮出します
4.出来上がったクコ茶をいただきます

クコ茶の飲み方

クコ茶は風味が強いため、シングルで飲むよりも他の茶葉とブレンドして飲用することをおすすめします。

まとめ

クコは日本での歴史も長く、平安時代より薬効のある植物として知られています。お茶には少々クセがありますが、他の茶葉とのブレンドを楽しめるのも魅力の一つです。お好みの飲み方を見つけて、クコ茶を毎日の健康と美容のケアに取り入れてくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.