RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

クランベリーティーの効能!豊富なビタミンで美白・美肌効果!疲労回復の効能!妊婦さんは要注意!

更新日:


クランベリーはジャムやジュースに利用されることの多い果物ですが、ハーブティーとしても人気があります。健康だけでなく、美容に役立つ効果もあるため女性におすすめのハーブティーです。
今回は、そんなクランベリーティーの効能や入れ方飲み方などについて紹介します。

クランベリーとは

クランベリーは、ツツジ科スノキ属の植物の一種。原産地および主な生産地はアメリカカナダなどで、高さ10㎝程度の短い木に真っ赤な実を付けるのが特徴です。クランベリーの味は、酸味が強いためジャムやジュース、ドライフルーツ、ハーブティーなどに利用されることが多いといわれています。クランベリーティーに含まれる主な成分はビタミンC、クエン酸、キナ酸、ポリフェノール、アントシアニン、アルブチンなどです。

クランベリーティーの味香り

クランベリーティーは、ほのかな甘みと酸味が混ざった味わいをしています。香りはフルーティーで甘酸っぱい香りです。

クランベリーティーの効能効果

クランベリーティーはビタミンCやクエン酸を多く含むため、美容面に高い効果のあるお茶です。特にお肌の健康に働きかけ、シミや肌荒れを予防するなど美白美肌対策に役立ちます。むくみの改善や老廃物の排出を促す作用もあるため、デトックス効果にも期待できます。美容だけでなく健康にも役立つ効能があり、血行を良くしたり、目の疲労を回復させたりなどの働きも備えています。尿路関係の感染症にも有効で、膀胱炎や尿道炎、尿路結石などの予防にも役立ちます。また、悪玉コレステロールの酸化を防止する作用もあることから、動脈硬化や高血圧などの対策にも効果的です。さらに抗ウイルス作用もありますので、風邪やインフルエンザなどの予防やケアにも役立ちます。そのほか、歯周病や歯肉炎、歯周炎などのトラブルにも有効だといわれています。

他にも美肌の効果があるハーブを紹介

ジャスミン茶の効能!豊富なビタミンで美肌や脂肪吸収を抑制の効果!妊婦さんは要注意!

ジャスミン茶は、オリエンタルで芳醇な香りが印象的な中国茶で、フレーバーティーとして親しまれているお茶 ...

続きを見る

クランベリーティーの副作用デメリット

妊娠中授乳中の方はクランベリーティーの摂取に注意が必要です。また、尿路感染症の治療中の方は、薬による相互作用を防ぐため事前に医師に相談しましょう。

クランベリーティーの入れ方飲み方

クランベリーティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにクランベリーを入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして10分ほど蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったクランベリーティーを注ぎます

クランベリーティーの飲み方

クランベリーティーは、1日2杯ほど飲むと生活習慣病の危険性が下がるといわれています。また、眼精疲労が気になる方はできるだけ毎日摂取することをおすすめします。

まとめ

クランベリーティーは、パソコンやスマホの普及によって起こりやすくなった目の疲労に効果的なのも嬉しいですね。ジャムやジュースと違って低カロリーなので、気軽に生活に取り入れて美容と健康に役立てましょう。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.