RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

どくだみ茶の効能!ダイエット効果やむくみ改善に効果的!飲み過ぎは要注意!

更新日:


ドクダミは、10種の薬効があるとして「十薬」という生薬名が付けられているハーブです。ハーブティーとしても親しまれ、ダイエットや健康維持などに役立てられています。
今回は、そんなドクダミ茶の特徴や効能、飲み方などについてご紹介します。

ドクダミとは

ドクダミはドクダミ科ドクダミ属の植物の一種で、生命力や繁殖力が高く、道端などに自生している野草です。健康に良い効能があるとして古くから生薬や漢方などに用いられていますが、薬草だけではなく、天ぷらなどの食用やハーブティーにも利用されています。ハーブティーには、乾燥させたドクダミの茎や葉を使用します。ドクダミ茶に含まれる主な成分はカリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄分、クエルシトリンなどです。

どくだみ茶の味香り

ドクダミ茶は、濃い麦茶に薬の苦みをプラスしたような、少々クセのある味わいをしています。香りも、生薬を思わせるような独特の香りです。

どくだみ茶の効能効果

ドクダミ茶には身体に蓄積された老廃物を排出する作用があるため、ダイエットやデトックスむくみの改善などに効果があります。老廃物のほかに毒素を排出する働きもあるため、ニキビを予防するなどお肌の健康にも役立ちます。ニキビだけでなく、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の改善にも期待できるといわれています。便通を良くする作用もあるため、便秘の解消や腸内環境の改善にも効果的です。また、鉄分やカルシウムも含まれていますので、貧血や骨粗鬆症の予防にも役立ちます。さらに、血液の流れをスムーズにしたり、血圧の上昇を防ぐ働きもあるため、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病対策にも有効です。そのほか、生理痛や生理不順の改善、蓄膿症の予防、毛細血管を強化するなどの効能もあります。

他にも、ニキビや吹き出物などのお肌に効くハーブティーを紹介

ルイボスティーの効能を紹介!妊活に効果的な味とは!?

ルイボスティーは、美容やアンチエイジングに効果があるとして近年特に注目されているハーブティーです。美 ...

続きを見る

どくだみ茶の副作用デメリット

ドクダミ茶には緩下作用があるため、大量に摂取するとお腹が緩くなることがあります。また、カリウム血症を引き起こす恐れがあるため、腎臓機能が弱い方は飲用を控えましょう。

どくだみ茶の入れ方飲み方

ドクダミ茶の入れ方

1.耐熱ガラスやホーローの鍋などを用意し、水を入れます。
(ドクダミ茶に含まれるタンニンが鉄に反応するため、鉄製の鍋ややかんは使用しないようにしましょう)
2. ドクダミの茶葉を入れます。
3. 弱火で30分程度煮出します。
(薬効成分が熱で壊れる恐れがあるため、沸騰させないように注意しましょう)

ドクダミ茶の飲み方

ドクダミ茶は、1日1~2リットルほどを目安に摂取しましょう。一度に沢山飲むのではなく、3回ほどに分けて飲むのが望ましいといわれています。

まとめ

日本三大薬草の一つでもあるドクダミは、厚生労働省が刊行する日本薬局方にも掲載されているほど優れたハーブです。麦茶などとブレンドするのもおすすめですよ。気軽にドクダミ茶を生活に取り入れて、健康や美容に活用しましょう。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.