RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ラベンダーの効能や香り、味を紹介

更新日:


紫色の花と強い香りで有名なラベンダー。観賞用やアロマなどで親しまれている植物ですが、リラックス効果などがあるためハーブティーとしても愛用されています。
今回は、そんなラベンダーティーの特徴や効能などについてご紹介します。

ラベンダーとは

ラベンダーとは、シソ科ラヴァンドラ属の植物の一種。原産地はフランス南東部などで、世界中の様々な地域で栽培されています。ラベンダーには28種類ほどの品種がありますが、ハーブティーに多く用いられるのはイングリッシュラベンダーという品種です。ラベンダーティーに含まれる主な成分は、フラボノイド、精油、タンニンなどといわれています。

ラベンダーティーの味香り

ラベンダーティーには柔らかい甘みがあり、ラベンダーの香りがほのかに残る味わいをしています。香りは、ラベンダー特有のフローラルな香りです。

ラベンダーティーの効能効果

ラベンダーティーには高い鎮静作用があるため、緊張を和らげるリラックス効果や、イライラの解消、不眠を改善する安眠効果、ストレス軽減などの効能があります。気分をリフレッシュさせる作用もありますので、気分の落ち込みを軽減する抗うつ効果にも期待できます。一方、筋肉の強張りをほぐす作用もあるため、疲労回復や肩こりなどの改善にも効果があるようです。また、殺菌作用と消毒作用もありますので、風邪の予防に役立ち、気管支炎喘息など呼吸器系の不調を改善する効果もあるといわれています。さらに、生理不順や月経前症候群(PMS)、更年期障害など、女性の心身バランスを整える効果にも期待できます。そのほか、消化不良など消化器系のトラブル改善や、冷え性改善などの効能もあります。

他にもリラックス効果のあるハーブを紹介

カモミールの凄い効能!花粉症緩和やアンチエイジングの効果!味や香り副作用について

ハーブティーとして人気のあるカモミールティー。ヨーロッパやアラビアなどでは古くから安全な薬草として定 ...

続きを見る

たんぽぽ茶の効能!妊活に効果的! 妊婦さんにおすすめの理由は?

たんぽぽは、黄色い花で綿毛を飛ばすイメージのある植物ですが、ハーブティーとしても人気があります。ノン ...

続きを見る

ラベンダーティーの副作用デメリット

ラベンダーには通経作用などが含まれており、子宮を刺激するなどの影響が考えられるため妊娠中の方は飲用を控えましょう。また、授乳中の方や小さなお子さんも摂取を避けた方がいいといわれています。

ラベンダーティーの入れ方飲み方

ラベンダーティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにラベンダーを入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして3分ほど蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったラベンダーティーを注ぎます

ラベンダーティーの飲み方

ラベンダーティーは、就寝前に飲むと安眠効果が高まります。また、香りが強いため、他のハーブとブレンドして飲むのもおすすめです。

まとめ

ラベンダーは、ハーブの女王とも呼ばれるほど万能なハーブです。お茶を楽しむだけなく、出がらしをお風呂に浮かべても素敵ですよ。ラベンダーティーを普段の生活に上手く取り入れて、心身の健康に役立てましょう。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.