RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ペパーミントティーの効能!集中力アップや整腸作用に効果的!妊婦さんは要注意!

更新日:


ペパーミントは、清々しいメントールの香りが特徴のハーブです。爽やかな香りだけではなく、胃腸の調子を整えるなどの効用を持つためハーブティーとしても愛用されています。
今回は、そんなペパーミントティーの特徴や味わい、効能などについてご紹介します。

ペパーミントとは

ペパーミントは、シソ科ハッカ属に分類される植物の一種。スペアミントとウォーターミントを交配させた品種で、主な原産地はヨーロッパなどです。爽やかな香りが特徴で、古くから香料や風味付けなどに利用されてきました。また、様々な効能があることから薬草やアロマ、ハーブティーとしても親しまれてきました。ペパーミントティーの主な成分はメントール、ポリフェノール、フラボノイド、メントンなどで、胃腸の調子を整えるなどの効果が期待できるといわれています。

ペパーミントティーの味香りについて

ペパーミントティーは控えめなミントの味がしますが、5分以上蒸らすと甘みが出るといわれています。香りはメントール特有の清涼感のある香りです。

ペパーミントティーの効能効果の説明

ペパーミントティーには胃腸の不調を改善する作用があるといわれています。また、ペパーミントティーに多く含まれているメントールの働きによって、集中力アップ作用、リラックス作用、口臭対策などの効能にも期待できます。ルテオリンなどアレルギー症状を抑える成分も含まれているため、花粉症や鼻炎などのアレルギー症状をやわらげることにも役立ちます。そのほか、鎮痛や抗菌、発汗作用、利尿作用などの効能にも期待できるといわれています。

他にも抗菌作用のあるハーブを紹介

ペパーミントティーの副作用デメリット

ペパーミントティーには粘膜を乾かせる作用があり、飲み過ぎると胃痛を引き起こすことがあるので注意しましょう。また、お子さんや妊娠中授乳中の方は摂取量に注意してください。

ペパーミントティーの入れ方飲み方

ペパーミントティーの入れ方

お湯を沸かし、ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
ティーポットにペパーミント(2g程度)を入れます
お湯をティーポットに入れ、3分程度フタをして蒸らします
ティーカップのお湯を捨て、出来上がったペパーミントティーを注ぎます

ペパーミントティーの飲み方

ペパーミントティーは、他のハーブとブレンドしたり、蜂蜜やミルクを入れて楽しむこともできます。夏場はアイスで飲むのもおすすめです。濃い目に入れて、炭酸飲料で割ると清涼感がアップしますよ。

まとめ

様々な効能が期待できるペパーミントティー。お茶としても楽しめますが、カクテルのモヒートにアレンジするのもおすすめです。お好みの飲み方を見つけて、ペパーミントティーで爽やかな日々を過ごしましょう。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.