RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ジャスミン茶の効能!豊富なビタミンで美肌や脂肪吸収を抑制の効果!妊婦さんは要注意!

更新日:


ジャスミン茶は、オリエンタルで芳醇な香りが印象的な中国茶で、フレーバーティーとして親しまれているお茶です。香りだけでなく、ビタミンやミネラルなども含むため、美容や健康に良いハーブティーとしても人気があります。
今回は、そんなジャスミン茶の特徴や効能、お茶の入れ方などについてご紹介します。

ジャスミンとは

ジャスミン茶とは、緑茶や烏龍茶などの茶葉にジャスミンの花の香りを付けたお茶のこと。ジャスミンはモクセイ科に属する植物で、ジャスミン茶にはマリツカという品種が使用されています。ジャスミン茶は中国で古くから親しまれ、中国茶のジャンルの一つ花茶を代表するお茶としても有名です。ジャスミン茶に含まれている主な成分はカテキン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、カフェインなどで、美容面と健康面で様々な効能があるといわれています。

ジャスミン茶の味・香りについて

ジャスミン茶はジャスミン独特の芳醇な香りが強いお茶ですが、味わいはさわやかで、後味もさっぱりとしています。

ジャスミン茶の効能・効果の説明

ジャスミン茶には様々な効能がありますが、特に注目したいのが美容効果です。ジャスミン茶にはビタミンCやビタミンEが多く含まれていますので、お肌を美しく保つ効果に期待できます。また、脂肪の蓄積を抑えるカフェインや、脂肪を吸収しにくくするタンニンが含まれているため、ダイエットにも役立ちます。そのほか、ホルモンバランスの乱れを整えたり、気分をリラックスさせたり、口臭を改善するなどの効能にも期待できるといわれています。

他にもダイエット効果のあるハーブを紹介

アーティーチョークのお茶!?その効能、効果と味は?

ウロコのような形の蕾が印象的なアーティーチョーク。主に食材として利用されていますが、ハーブティーにも ...

続きを見る

ジャスミン茶の副作用デメリット

ジャスミン茶にはカフェインが含まれているため、飲み過ぎに気を付けましょう。特に、子どもや妊娠中授乳中の方は飲む量に注意が必要です。カフェインが気になる方は、カフェインレスのジャスミン茶を飲むことをおすすめします。

ジャスミン茶の入れ方・飲み方

ジャスミン茶の入れ方

お湯を沸かし、急須にお湯を入れます。
急須が温まったらお湯を湯呑に移し、湯呑を温めておきます。
ジャスミンの茶葉(3g程度)を急須に入れます。
急須にお湯を注いで、すぐに捨てます(茶葉を洗い流すようなイメージです)。
再度お湯を急須に注ぎ、フタをして1、2分程度蒸らします。
出来上がったジャスミン茶を湯呑に注ぎます。

ジャスミン茶の飲み方

ジャスミン茶は、毎日適量を飲むと効果的といわれています。ダイエットに役立てたい場合は、運動する30分ほど前に飲みましょう。

まとめ

ジャスミン茶は、お湯を入れると茶葉が開いて花が現れる工芸茶としても人気があります。香りとともに、美しい花を愛でながら飲むこともおすすめです。色々な飲み方を楽しんで、ジャスミン茶を美容健康対策に取り入れてくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.