RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

オレガノの効能と味を紹介、ハーブティー

更新日:


オレガノはスパイシーな味が印象的なハーブで、薬草としてヨーロッパなどを中心に古くから愛用されてきました。現在でもハーブティーとして人気があり、胃腸の調子を整えるなどの効能があるといわれています。
今回は、そんなオレガノティーの特徴や味、効能や飲み方などについてご紹介します。

オレガノとは

オレガノは、シソ科に属する植物の一種。原産地はヨーロッパの地中海沿岸地域で、アメリカの北東部などにも自生しているといわれています。オレガノに含まれる主な成分は、チモールやカルバクロールなどの精油、フラボノイド、タンニンなど。抗菌作用があり、頭痛や消化促進などに効果があるため古くから薬草として用いられてきました。現在では薬用として利用されることはほとんどありませんが、ハーブティーや料理のスパイスという形で広く愛用されています。

オレガノティーの味香りについて

オレガノティーの味はスパイシーでほろ苦く、後味がすっきりしています。香りもコショウのようにスパイシーですが、ドライタイプ(乾燥した茶葉)の方がフレッシュタイプ(生の茶葉)よりも香りが強いといわれています。

オレガノティーの効能効果

オレガノティーには、胃腸の調子を整えて消化を促進する効能や、神経系の頭痛や生理痛関節炎をやわらげる効果、咳や気管支炎など呼吸器系のトラブルを改善する効果などがあります。抗菌作用もあるため、風邪の予防などにも役立ちます。また、疲労を軽減したり、気持ちの高ぶりを抑えるなどのリラックス効果にも期待できます。飲用するだけでなく、ドライタイプの茶葉やオレガノティーの出がらしを入浴剤として利用するとリラックス効果をより高めることができるようです。

他にも整腸作用のあるハーブを紹介

ペパーミントティーの効能!集中力アップや整腸作用に効果的!妊婦さんは要注意!

ペパーミントは、清々しいメントールの香りが特徴のハーブです。爽やかな香りだけではなく、胃腸の調子を整 ...

続きを見る

オレガノティーの副作用デメリット

オレガノはシソ科の植物のため、シソにアレルギーがある方は飲用を控えましょう。また、オレガノは子宮に刺激を与えるともいわれているため、妊娠中の方は摂取を避けるようにしてください。

オレガノティーの入れ方飲み方

オレガノティーの入れ方

香りを引き立たせるために、茶葉を少し揉んでおきます。
お湯をわかし、ティーポットとカップにお湯を注ぎます。
ティーポットにオレガノ(大さじ1杯程度)を入れ、茶葉が浸かる程度にお湯を注ぎます。
フタをして、3~5分ほど蒸らします。
出来上がったオレガノティーをティーカップに注ぎます。

オレガノティーの飲み方

オレガノティーには消化を促進する作用がありますので、食べ過ぎたときなどに飲むことをおすすめします。また、乗り物酔いを軽減する効果にも期待できるため、酔い止めとして飲用する方法もあります。

まとめ

オレガノティーはシングルでも楽しめますが、ペパーミントやタイムなど他のハーブとブレンドして飲用することもおすすめです。自分好みのオレガノティーの飲み方を見つけて、楽しみながら健康に役立ててくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.