RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

抹茶のてん茶って知ってますか?

更新日:

てん茶とは

てん茶はてん茶と読みますが、あまり聞きなれないお茶の名前です。これはてん茶が誰もが知っている抹茶の原葉ですが、製茶した上で、それを抽出して飲むというお茶ではないのです。このてん茶を加工して、最終的に石臼で細かな粉末状に挽けば抹茶となるものです。
抹茶の原茶がてん茶ですが、あくまで原料茶なのでてん茶と言う名前に馴染みが無いのです。

てん茶の栽培方法と製茶方法

てん茶は玉露と同様に茶園全体を遮光幕で覆って茶葉を育てる栽培方法が採られます。この栽培方法を採る事で、お茶の葉緑素が増し、鮮やかで柔らかい感じの緑色となり、遮光栽培に共通の渋みが抑えられ、甘みや旨味の強いお茶となります。
茶園から摘み取られた生葉は、蒸気で蒸すことで酸化の進行を止めます。玉露や煎茶は、この後、生茶を揉む工程を経ますが、てん茶は揉まずに抹茶に加工する散茶と言う工程へと、そのまま進みます。
この様に、抹茶の原料となるお茶は、てん茶と呼ばれる上質なお茶なのです。

てん茶は市販されていません

てん茶は、先に記載した様に玉露と同様に遮光幕で覆って育てられる茶葉であり、もちろん製茶すれば美味しく頂けるお茶です。
しかし、抹茶の原料として使用されるため、てん茶と言う名前で市販される事はありません。

抹茶の効能や効果についてはこちら

抹茶のカフェインと効能の紹介

目次1 抹茶とは2 抹茶の製造方法2.1 抹茶が粉になる前の茶葉「てん茶」について3 お薄と濃茶4 ...

続きを見る

甜茶とは

ちなみに、てん茶と読むお茶に漢字では甜茶と書くものがあります。これは中国茶において植物学上のいわゆる茶の木とは異なる木の葉から作られた甘いお茶の総称です。古くから飲まれている薬草茶の一種で、特に中国南部の広西チワン族自治区の山岳地帯に自生しているバラ科の植物の葉を煮出したものが有名です。
この甜茶は、食欲増進や咳止め解熱効果のあるとされ、健康飲料として現在も親しまれていますが、茶葉を抽出して飲まれるお茶の範疇に入るものではありません。







-緑茶

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.