RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

抹茶のカフェインと効能の紹介

更新日:

抹茶とは

抹茶とは、誰もが馴染み深い粉末状のお茶です。いわゆる茶道で使われるのがこの抹茶です。
また抹茶は、ソフトクリームや様々なスイーツにも、生地に練り込んだり、振りかけて使用される事も多いお茶です。
しかし、抹茶は下記の様に遮光幕で覆って栽培されたてん茶を原料とするものであり、同じ粉末状であっても、一般的な煎茶を原茶とするものは粉末緑茶と区分して呼ばれています。

抹茶の製造方法

抹茶の原茶はてん茶と呼ばれます。このてん茶は玉露同様、茶園全体を遮光幕で覆って茶葉を育てる栽培方法が採られます。これによって、葉緑素が多く柔らかで鮮やかな緑色になります。
このてん茶は、蒸して酸化を止めた上で、煎茶や玉露の様に手もみされる事無く、散茶と言われる工程へと進みます。
散茶は、蒸された茶葉を風で吹き上げて冷却され、蒸した時に生じる露を除去し、茶葉の重なりをほぐす工程で、その後には乾燥炉で茶葉を高温で乾燥させます。この状態が荒てん茶と言われ、ここから茎や葉脈と言った硬い部分を除去し、少し細かいサイズに裁断して青のり風に仕上げます。
このてん茶を石臼で碾けば皆さんがご存知のお抹茶が出来上がります。

抹茶が粉になる前の茶葉「てん茶」について

抹茶のてん茶って知ってますか?

目次1 てん茶とは2 てん茶の栽培方法と製茶方法3 てん茶は市販されていません3.1 抹茶の効能や効 ...

続きを見る

お薄と濃茶

抹茶の飲み方としては、お薄として点てる場合と、濃茶として点てる場合があります。茶道は、こうしたお薄や濃茶を提供する作法を取り決めたものです。
お薄は、文字通り抹茶にお湯を注ぎしゃぶしゃぶにしたもので、濃茶は抹茶の量を増やし、お湯を注いでドロドロの状態にしたものです。
茶道では、お薄の作法から濃茶の作法へと進む事が一般的で、また観光地等で提供されるのもお薄が一般的なため、抹茶の頂き方としてお薄の方がよく知られています。
濃茶はドロドロで見かけはいかにも苦そうですが、上級のお抹茶を使っているので、甘みがあり、むしろ抹茶の旨みを存分に味わうことができます。

抹茶の効能・効果

抹茶が煎茶や玉露などと大きく異なる点は、茶葉から抽出するのではなく、茶葉の大部分を粉末にして飲む点です。
この事で抹茶は一般のお茶に比べてその成分をまるまる取り込めると言う特長があり、その分お茶の有効成分を沢山採る事が出来るのです。
テアニンに因るリラックス効果、カフェインに因る眠気覚まし効果等も、一般のお茶よりも多く得られます。
またお茶に含まれるビタミンCやカテキンもまるまる摂取する事が出来、口臭予防効果の他、美肌効果やダイエット効果も得られ、また繊維質を多く摂れるため、便秘にも効果を発揮し、美容にも非常に優れた効能・効果を有したお茶と言えます。







-緑茶

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.