RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ウツボグサティーの効能!デットクスティーで利尿作用やむくみ、便秘解消、疲労回復に効果的!

更新日:


ウツボグサは、小さな青紫色の花が印象的な植物です。日本の野原や道端などに自生していますが、むくみの改善などに効能があるとして生薬やハーブティーとしても利用されています
今回は、そんなウツボグサティーの効果や味、飲み方や注意点などについてご紹介します。

 

ウツボグサティーとは

ウツボグサはシソ科に属する植物の一種で、中国や日本など東アジアの温帯地域に自生する多年草です。花穂の形が武士が矢を入れて背負う「靭(うつぼ)」に似ていることが和名の由来になったそうです。ウツボグサは古くから薬草として利用され、日本では花穂を天日干ししたものを「夏枯草」と呼び、生薬として使用してきました。生薬のほか、ハーブティーや外用薬としても親しまれていたようです。また、ウツボグサは中国やヨーロッパでも健康茶や民間薬品として利用されたと考えられています。ウツボグサティーに含まれる主な成分は塩化カリウム、タンニン、プルネリンなどです。

味・香り

ウツボグサティーは、わずかな苦味とピリッとした風味が特徴的なハーブティーです。香りは、かすかに土を思わせる香りが漂います。

効果・効能

ウツボグサティーには、尿や余分な塩分の排出を促す塩化カリウムが多く含まれています。このため、ウツボグサティーは利尿作用に優れ、むくみや便秘などの症状を改善する効果があるといわれています。利尿作用によって体内に溜まった老廃物や毒素などを排出する働きにも期待できますので、デトックスにも役立ちます。利尿作用に加えて消炎作用や殺菌作用もあるため、肝臓炎や腎臓炎、膀胱炎などの改善にも有効とされています。また、中国では夏場の暑気払いにウツボグサを利用することから、疲労回復にも効果があるようです。さらに、ウツボグサティーには口内や喉のトラブルを緩和する働きにも期待できます。お茶を飲むだけでなく、ウツボグサを濃い目に煎じてうがい薬に使用すれば口内炎やのどの痛み、扁桃炎などの軽減に効果的です。

その他にも、デトックス効果のあるハーブティーを紹介

効果のあるデトックスティー7種類を紹介!ニキビ改善や美肌効果などイイコトばかり!

そもそも、デトックスとは、どういう意味かご存知でしょうか? デトックスとは、体の中に溜まっている毒素 ...

続きを見る

その他の効能

ウツボグサは創傷治癒を促進する作用や止血作用などに期待できるため、外傷薬としても利用できるようです。ウツボグサを煎じた液や、生の葉っぱを潰したものを患部に塗布することによって切り傷や打撲などの外傷を和らげる効果があるといわれています。また、ウツボグサは洗眼液として使用することも可能とされています。ウツボグサの煎汁の上澄み液を脱脂綿で濾して洗眼に利用すると、結膜炎の症状緩和に役立つといわれています。なお、洗眼に用いる場合は鮮度の高い煎液を使用し、1、2日で使い切るように注意しましょう。

副作用・デメリット

ウツボグサティーには胃を刺激する作用のあるタンニンが多く含まれていますので、胃の弱い方は摂取量や摂取期間などに注意しましょう。

入れ方・飲み方

ウツボグサティーの入れ方

1.やかんに水とウツボグサを入れます
2.やかんを火にかけ、沸騰させます
3.沸騰したら火を消し、出来上がったウツボグサティーをいただきます

ウツボグサティーの飲み方

ウツボグサティーは、食事時や喉が渇いたときなど様々なシーンで飲用できるハーブティーです。また、夏場の疲労回復や夏バテ対策にもおすすめです。

まとめ

ウツボグサティーは、むくみ改善のほかにも様々な効能に期待できるハーブティーです。うがい薬や外傷薬など、幅広く利用できるのも便利ですね。ウツボグサティーを毎日のドリンクに取り入れて、健康維持や傷のケアに活用してくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.