RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ホップティーの効能!生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)や更年期障害の緩和効果!ダイエットにも有効!

更新日:


ホップはビールの原料の一つとして有名な植物ですが、ハーブティーにも利用されています。ホルモンバランスを整える作用があるため「女性のためのハーブ」と呼ばれていますが、花粉症を和らげるなどの効能にも期待できるため男性にもおすすめしたいハーブティーです。
今回は、そんなホップティーの効能や効果、香りや飲み方などについてご紹介します。

 

ホップティーとは

ホップはアサ科に属する植物の一種で、アメリカやドイツを中心に世界各地で栽培されているツル性の多年草です。ホップはビールの香りづけの植物というイメージが強いですが、ビールに使用される以前から生薬や民間薬として用いられてきました。現在では、ハーブティーや精油などとしても親しまれています。ホップティーに含まれる主な成分はフラボノイド、タンニン、苦味質などです。

味・香り

ホップティーは、ビールを思わせる少々苦みのある味わいをしています。香りもビールのような独特の香りをしています。

効果・効能

ホップティーには女性ホルモンの乱れを整える作用があるため、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)や更年期障害などの症状緩和に効果的といわれています。ビールと同様利用作用もありますのでむくみの改善にも役立ちます。また、ホップにはコレステロールや中性脂肪・血糖値の上昇を防ぐ働きにも期待できるため、高血圧や高脂血症などの予防やダイエットにも有効です。消化を促進したり、呼吸器の感染症を抑制する作用もありますので、消化不良や胃痛、気管支炎や肺炎などの緩和にも効果があるといわれています。さらに近年ではホップに花粉症の症状を軽減する作用があることが分かったため、花粉症の予防やケアにも利用できるハーブとして注目されています。身体面のほか、精神面においても気持ちをリラックスさせるなどの効能があるといわれています。

その他にも、更年期障害に効果的なハーブティーを紹介

アルファルファの効能!栄養価が豊富でデトックスや便秘解消効果!妊婦さんや子供には要注意!

アルファルファは、サラダなどによく用いられる栄養価の高い植物です。野菜としてのイメージが強いですが、 ...

続きを見る

アロマの効能

ホップの香りには鎮静作用があるといわれており、気持ちを落ち着かせたりイライラ感を緩和するなどのリラックス効果に期待できます。また、催眠を誘う成分も含まれているため不眠の改善にも役立つと考えられており、安眠対策として乾燥したホップをハーブピローに用いる例もあるようです。気持ちを落ち着かせるだけでなく、気分のアップダウンを軽減して情緒のバランスを保つ効果もあるとされています。そのほか鎮痛作用も期待でき、頭痛や生理痛・神経痛などの緩和にも役立つといわれています。

副作用・デメリット

妊娠中の方やお子さんはホップティーの飲用を避けましょう。また、ホップティーは鎮静作用が強いため、うつ病の気質がある方も摂取を控えた方がいいといわれています。

入れ方・飲み方

ホップティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにホップを7個ほど入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして3分程度蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったホップティーを注ぎます。

ホップティーの飲み方

ホップティーには少々苦みがありますので、シングルで飲みにくい場合は蜂蜜などを入れることをおすすめします。他のハーブとブレンドしても美味しくいただけますよ。

まとめ

ホップティーには様々な効能がありますが、最近ではアルツハイマーを予防する可能性にも期待されており、今後も注目していきたいハーブの一つです。ホップティーのほのかな苦みを楽しみながら、心身のヘルスケアを維持してくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.