RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

キャットニップティーの効能!不眠症改善や月経前症候群の緩和の効果!

投稿日:

キャットニップは「猫が噛む」という意味のハーブで、猫が好む香りを持つことからその名がついたといわれています。どちらかというと猫用のハーブとして有名ですが、人間が利用する薬草としても知られ、ハーブティーとしても使用されています。
今回は、そんなキャットニップティーの効能や効果、味や飲み方などについてご紹介します。

キャットニップティーとは

キャットニップはシソ科に属する植物の一種で、ヨーロッパや南西アジアなどを原産地とする多年草です。猫が興奮する成分を含むため「西洋マタタビ」とも呼ばれ、猫用のおもちゃに利用されることもあるようです。人間のメディカルハーブとしても古くから使用され、現在ではサラダや料理の香りづけ、ハーブティーなどに用いられています。キャットニップティーに含まれる主な成分はタンニン、カルバクロール、チモールなどです。

味・香り

キャットニップティーは、ハッカと緑茶に似た味わいをしています。香りも、ハッカを思わせる清々しい香りが特徴です。

効果・効能

キャットニップは猫を興奮させる作用がありますが、人間に対してはリラックス効果が期待できるようです。鎮静作用があるため、気持ちを落ち着かせたり、イライラ感を和らげる効果に期待でき、不眠の改善にも役立ちます。消化器官のトラブルを改善する働きもありますので、消化不良や胃痛の緩和、お腹に溜まったガスの排出などにも有効といわれています。また、鎮静作用との相乗効果によってストレス性の胃腸トラブルを和らげる効果にも期待できます。さらに、キャットニップティーには子宮刺激作用や弛緩作用があるといわれているため月経不順や月経痛の改善にも役立ち、リラックス効果と併せてPMS(月経前症候群)の緩和にも有効とされています。そのほか、発汗作用や解熱作用、殺菌作用による風邪の予防やケアなどの効能にも期待できます。

アロマなどの効能

キャットニップの香りに含まれるネペタラクトンという成分には、猫を興奮させる作用があるといわれています。香りを嗅いだ猫は、身体を擦り付けたり機嫌が良くなったりするため猫用のおもちゃや爪とぎなどに使用されることもあるようです。猫によっては興奮し過ぎて攻撃的になる場合もありますので、使用の際は注意しましょう。また、キャットニップの香りには虫が嫌う成分も含まれており、蚊やゴキブリのほか、ペットのノミや植物のアブラムシ除けなどに効果的といわれています。

副作用デメリット

キャットニップティーには子宮を刺激する作用があるため、妊娠中授乳中の方は飲用しないでください。小さいお子さんも飲用を避けましょう。また、飲用によって頭痛や吐気などが起こることがありますので注意が必要です。

入れ方・飲み方

キャットニップティーの入れ方

1.香りを引き立たせるため、キャットニップの茶葉を揉んでおきます。
2.ティーポットに茶葉を入れてお湯を注ぎます。
3.フタをして、3~5分ほど蒸らします。
4.出来上がったキャットニップティーをティーカップに注ぎます。

キャットニップティーの飲み方

キャットニップティーはシングルでも美味しくいただけますが、蜂蜜などの甘味を加えるとよりマイルドになります。他のハーブとブレンドするのもおすすめです。

まとめ

人間にはリラックス効果をもたらしてくれるキャットニップティー。安眠効果や、風邪予防などの効能があるのも嬉しいですね。キャットニップティーの清涼感ある風味を楽しんで、心身のヘルスケアに活用してくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.