RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ほうじ茶と番茶の違い、効果・効能は?

更新日:

ほうじ茶とは

日本茶に区分されるお茶の中で、緑茶の主流は抹茶や煎茶とされており、こうした上等なお茶から外れるものとして番茶があります。
この番茶を焙じたお茶が一般的にほうじ茶と呼ばれています。しかし、厳密には煎茶を深く焙じたお茶もほうじ茶と言うのが正しいようですが、生産されているのはごく少量のため、一般的には番茶を焙じたものが、ほうじ茶と呼ばれています。

ほうじ茶の原茶の番茶

ほうじ茶の原茶は、前述の通り番茶です。この番茶と言うのは、煎茶が新芽の数枚を摘んで製茶するのに対し、摘採期や品質や地域などが、低級品の緑茶を総称して番茶と呼ばれています。この番茶は、新芽や若葉を摘むのではなく、成長したお茶の葉を使用するのが一般的です。

番茶についての詳しい紹介はこちら

番茶のカフェインと効能について

目次1 番茶とは2 番茶の効能・効果、副作用3 番茶の淹れ方3.1 番茶も出花と言う言葉3.2 その ...

続きを見る

ほうじ茶の作り方

ほうじ茶の原茶である番茶も、茶の葉こそ違いますが、煎茶と同じ様に、摘んだ後に蒸して酸化を抑制し、揉みながら乾燥させていきます。
こうして作られた番茶を焙じ機と呼ばれる機械を使って高温で焙じます。この高温で焙じる事でカフェインが飛び、同時にほうじ茶特有の香ばしさが生まれるのです。

ほうじ茶の効能・効果

ほうじ茶の色は黄色で、見た目にも緑色の煎茶とは異なります。この葉緑素の多さにも違いがありますが、お茶の有効成分であるタンニン、テアニン、カフェインの3大成分や、ビタミン類の含有にも違いがあります。
ほうじ茶の原茶である番茶には、いずれの成分も元々煎茶に比べて少なく、さらに高温で焙煎する事でカフェインが飛んでごく少量しか含んでいない点が、煎茶等とは異なる最大の特長です。
カフェインが極めて少なく、煎茶と比較して少ないもののカテキンは含んでおり、抗菌作用、抗酸化作用、体脂肪を燃焼させる作用等の効果はあります。
従って、赤ちゃんや高齢者や病気の方でも飲む事ができる点が大きなメリットと言えます。また、緑茶でも夜に飲めば眠れなくなると言う方でも安心て飲めるのも特長と言えます。

ほうじ茶の淹れ方(2人分)

ほうじ茶は小さじ4杯程と煎茶等よりも多目の茶葉を急須に入れ、そこに沸騰したお湯を直接注ぎます。
煎茶等では湯のみにいったんお湯を注いで60~80℃に冷まして急須に注ぎますが、ほうじ茶では熱湯で抽出するのが特長です。
また急須内では30秒程度置くだけで葉のよりが粗いので、すぐに美味しさが溶けだします。

その他の緑茶についての紹介はこちら

緑茶の効果、効能を種類別に紹介

私たちの生活にとてもなじみの深い緑茶。この記事では9種類の緑茶を紹介したいと思います。 目次1 煎茶 ...

続きを見る







-緑茶

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.