RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ローズティーの効能!神経疲労などを緩和、PMS(月経前症候群)にも効果的!

投稿日:


ローズは華やかで優雅な姿と芳醇な香りから「花の女王」とも呼ばれ、観賞用の花として大変高い人気を誇っています。ハーブティーとしても用いられ、精神を安定させたり女性ホルモンのバランスを整えるなどの効能に期待されています。
今回は、そんなローズティーの効果や香り、飲み方などについてご紹介します。

ローズティーとは

ローズはバラ科に属する植物で、北半球の温かい地域に生息している落葉低木です。観賞用の花として古くから愛用されてきましたが、香料や砂糖漬け、ハーブティーや精油などの用途でも親しまれています。ローズには2万種以上もの種類があるといわれていますが、ハーブティーに使用されるのはオールドローズという品種で、さらにレッド系のローズレッド(赤い花びら)、ローズバッズレッド(赤い蕾)、ピンク系のローズピンク(ピンクの花びら)、ローズバッズピンク(ピンクの蕾)に分類されています。ローズティーに含まれる主な成分はビタミンC、タンニン、フラボノイドなどです。

味香り

ローズティーは上品で控えめな味わいをしています。香りはバラを思わせるフローラルな香りですが、レッドローズはコクとキレのある香り、ピンクローズは柔らかで甘い香りをしています。

効果効能

ローズティーには鎮静作用があるため、神経疲労や神経過敏などの症状を和らげる効果があるといわれています。気分の落ち込みなどを緩和する作用もありますので、感情のバランスを整えることにも役立ちます。感情のバランスが整うことによって自律神経が乱れにくくなるため、ストレスに起因する胃腸のトラブルなどが起こりにくくなるという効果もあるようです。また、ホルモンバランスを整える作用もあり、PMS(月経前症候群)などの症状を和らげる働きにも注目されています。さらに、ローズティーには血流を促進させる作用があるため、冷え性を改善し、新陳代謝を高める効果にも期待できます。そのほか、ローズティーには抗酸化物質も含まれていますので、お肌の健康やアンチエイジングなどにも役立つとされています。

その他にも、PMS(月経前症候群)に効果的なハーブティーを紹介

マリーゴールドの効能!美肌やデトックス効果!PMS緩和の効能!妊婦さんは要注意!

黄色やオレンジ色のゴージャスな花が印象的なマリーゴールド。観賞用としても人気ですが、美容や健康に効能 ...

続きを見る

アルファルファの効能!栄養価が豊富でデトックスや便秘解消効果!妊婦さんや子供には要注意!

アルファルファは、サラダなどによく用いられる栄養価の高い植物です。野菜としてのイメージが強いですが、 ...

続きを見る

アロマの効能

ローズの香りには気分をリラックスさせる鎮静作用があり、神経の高ぶりや疲労、イライラ感などを緩和する働きに期待できるといわれています。気持ちを明るく前向きにする作用もあるため、気分転換などにも役立つとされています。また、ローズの香りの成分にはエストロゲンの分泌を促進する働きがありますので、女性ホルモンのバランスを調整し、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)や更年期障害などの症状を和らげる効果にも期待できます。

副作用デメリット

ローズティーには女性ホルモンを刺激する働きがありますので、妊娠中や授乳中の方は大量に飲用しないよう注意してください。

入れ方飲み方

ローズティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにローズを入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして3分程度蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったローズティーを注ぎます。

ローズティーの飲み方

ローズティーはシングルでも飲用できますが、紅茶や他のハーブとブレンドするのもおすすめです。

まとめ

ローズティーは、心身の健康と美容に効果的なハーブティーです。レッドローズとピンクローズで風味が異なるのも魅力の一つです。ローズティーの優雅な香りと味わいを楽しんで、身体のトータルケアに活用してくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.