RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

マテ茶の効能!ダイエットに効果的なマテ茶!精神疲労回復にも効果的!

更新日:


マテ茶は栄養価が高いことから「飲むサラダ」とも呼ばれているハーブティーです。南米では古くから嗜好飲料として愛用され、コーヒー、お茶(紅茶や緑茶)と共に世界の三大ドリンクとしても知られています。日本でもその栄養価が注目され、健康茶としての知名度が高まっています。
今回は、そんなマテ茶の効能や味わい香りなどについてご紹介します。

マテ茶とは

マテ茶は、イェルバマテというモチノキ科の常緑高木から作られます。ブラジルやアルゼンチンなど南米を原産地とし、栄養素が豊富なため古くからお茶として親しまれてきました。現在でも、南米家庭の日常的な嗜好飲料として愛用されています。なお、マテ茶には茶葉を乾燥させたグリーンマテと、茶葉を焙煎したローストマテの2種があります。マテ茶に含まれる主な成分はビタミン類、ミネラル類、カフェイン、食物繊維などです。

味・香り

グリーンマテは緑茶を思わせる味をしており、香りは草木のような香りです。ローストマテは甘みと芳ばしさのある味わいで、香りはほうじ茶のような芳しい香りです。グリーンマテよりもローストマテの方がクセが少なく飲みやすいといわれています。

効果・効能

マテ茶には血液中の疲労物質を減らす働きがあるため、肉体疲労や精神疲労などの軽減回復に効果的です。鉄分も含まれていますので貧血予防に役立ち、眼精疲労を緩和するビタミンAも豊富なため目の健康にも効果的です。血液の流れを促進する働きもあることから、新陳代謝の向上や冷え性の対策にも有効です。また、マテ茶には食欲を抑えたり満腹感を感じやすくする作用、脂肪の吸収を抑える作用もありますのでダイエットにも適しています。カリウムが含まれているため利尿作用にも期待でき、食物繊維も豊富に含まれていることから便秘の解消にも役立ちます。さらに、マテ茶にはビタミン類が多く含まれているため、メラニンの生成を抑えるなどお肌の健康維持にも効果的です。
その他にも、ダイエットに適したハーブティーを紹介!

ジャスミン茶の効能!豊富なビタミンで美肌や脂肪吸収を抑制の効果!妊婦さんは要注意!

ジャスミン茶は、オリエンタルで芳醇な香りが印象的な中国茶で、フレーバーティーとして親しまれているお茶 ...

続きを見る


フェンネルティーの効能!ダイエット効果やPMS緩和の効能!妊婦さんは要注意!

スパイシーな香りが印象的なフェンネル。料理のスパイスや香りづけなどで有名なハーブですが、健康面美容面 ...

続きを見る


どくだみ茶の効能!ダイエット効果やむくみ改善に効果的!飲み過ぎは要注意!

ドクダミは、10種の薬効があるとして「十薬」という生薬名が付けられているハーブです。ハーブティーとし ...

続きを見る

副作用デメリット

妊娠中授乳中の方はマテ茶の飲用を避けましょう。どうしても飲みたい場合は、後述するノンカフェインで飲む方法を参考にしてください。飲用の際は適量を守り、長期間に渡って飲用しないよう注意が必要です。また、マテは医薬品と相互作用を起こす恐れがあるといわれていますので、服用中の方は飲用前に医師に相談のうえ飲用しましょう。

入れ方・飲み方

マテ茶の入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにマテ茶葉を入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをしておよそ5分蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったマテ茶を注ぎます。
なお、マテ茶は入れ方によってカフェインを抜くことが可能だといわれています。妊婦さんなど、カフェインの摂取を控えている方におすすめの入れ方です。
ノンカフェインマテの入れ方
1.水200mlにマテ茶葉(5g程度)を入れます。
2.常温で5、6時間ほどかけて水出しします。

マテ茶の飲み方

マテ茶はシングルで味わうほか、蜂蜜や牛乳、レモンを追加して飲むのもおすすめです。ローストマテの方が飲みやすいですが、焙煎によって成分が減少する傾向があるため、マテの栄養成分を多く摂取したい場合はグリーンマテを飲みましょう。

まとめ

マテ茶は、南米では「100万人のローヤルゼリー」とも呼ばれている万能ティーです。グリーンマテとローストマテを飲み比べてみるのもおすすめですよ。飲み過ぎに注意して、マテ茶を健康対策のサポートに活用してくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.