RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

ラズベリーリーフティーの凄い効能!陣痛緩和や母乳促進の効果!生理痛緩和に効果的!

投稿日:


ラズベリーリーフはマタニティーハーブとも呼ばれており、ヨーロッパでは古くから出産前後のケアに効果的なハーブティーとして愛用されてきました。女性ホルモンを安定させる効能にも期待できるため、全ての女性におすすめしたいハーブティーです。
今回は、そんなラズベリーリーフティーの効果や味、飲み方などについてご紹介します。

ラズベリーリーフティーとは

ラズベリーリーフとは、お菓子やジャムなどに使用されるラズベリーの葉の部分のこと。ラズベリーはバラ科に属する植物の一種で、ヨーロッパなどを原産地とする多年草です。ラズベリーには様々な種類がありますが、通常ラズベリーとして流通しているのはヨーロッパキイチゴと呼ばれる品種です。ラズベリーリーフには出産前後の母体の健康維持に役立つ効能があるとされ、ヨーロッパでは安産に効果的なハーブティーとして古くから親しまれてきました。出産だけでなく女性特有の不調を改善するなどの効能もあることから、現在では世界各地で飲用されています。ラズベリーリーフティーに含まれる主な成分はビタミンミネラル類、フラガリン、タンニンなどです。

味・香り

ラズベリーリーフティーには少々苦みがありますが、比較的クセは少なく、ほうじ茶を思わせる親しみやすい味です。香りは爽やかで、ほのかに甘い香りが漂うお茶です。

効果・効能

ラズベリーリーフティーには子宮筋を整えたり陣痛を和らげる作用があり、子宮の収縮を促し安産のサポートをするなどの効果があるといわれています。母乳の分泌を促進する働きや貧血を防ぐ作用もあり、子宮筋が整うことによって開いた骨盤が元の位置に戻りやすくなるため、出産時だけでなく産後の母体の回復にも役立ってくれます。また、女性ホルモンを整える作用もありますので、生理不順や生理痛、PMS(月経前症候群)や更年期障害など女性特有の身体の不調改善にも効果的です。そのほか、ラズベリーリーフティーには粘膜炎症を緩和する作用もあるため、口内炎や喉の痛み、花粉症などのケアにも有効です。さらに収斂作用もありますので、下痢などの症状を緩和する効果にも期待できます。

その他にも、妊婦さんに読んでほしいハーブティーの記事を紹介!

たんぽぽ茶の効能!妊活に効果的! 妊婦さんにおすすめの理由は?

たんぽぽは、黄色い花で綿毛を飛ばすイメージのある植物ですが、ハーブティーとしても人気があります。ノン ...

続きを見る

ジャスミン茶の効能!豊富なビタミンで美肌や脂肪吸収を抑制の効果!妊婦さんは要注意!

ジャスミン茶は、オリエンタルで芳醇な香りが印象的な中国茶で、フレーバーティーとして親しまれているお茶 ...

続きを見る

アロマの効能

ラズベリーリーフに含まれるラズベリーケトンという香り成分には、脂肪の吸収を抑えたり脂肪を燃焼させる働きがあるといわれています。その作用は、脂肪燃焼でお馴染みのカプサイシンの3倍もの効果があるとされているため、ダイエットに役立つ可能性があるとして注目されているようです。

副作用デメリット

妊娠初期中期の方は、ラズベリーリーフティーの摂取を避けてください。また、飲用する際は大量に摂取しないよう注意しましょう。

入れ方・飲み方

ラズベリーリーフティーの入れ方

1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます
2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます
3.ティーポットにラズベリーリーフを入れます
4.お湯をティーポットに入れ、フタをして3分~5分程度蒸らします
5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったラズベリーリーフティーを注ぎます。

ラズベリーリーフティーの飲み方

ラズベリーリーフティーは、1日1、2杯程度が適量といわれています。安産に役立てたい場合は、妊娠8か月以降に1日2、3杯飲用しましょう。

まとめ

ラズベリーリーフティーは、ママをはじめ多くの女性の健康維持に役立つハーブティーです。苦みが気になる場合は蜂蜜などの甘味を加えるのもおすすめです。ラズベリーリーフティーを取り入れて、日々の健康ケアに活用してくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.