RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

シナモンティーの作り方と飲み方、効能などを紹介

更新日:


シナモンは最も古いスパイスといわれ、世界3大スパイスの一つとしても有名です。ドリンクやお菓子のフレーバーとして使用され、日本では八つ橋に使われるニッキとしても知られていますが、美容や健康に役立つ効能があるためハーブティーとして飲用するのもおすすめです。
今回は、そんなシナモンティーの効能や飲み方、アロマの効能などについてご紹介します。

シナモンティーとは

シナモンは、クスノキ科の樹木の内側樹皮を乾燥させたもので、ニッキや桂皮とも呼ばれています。古くからスパイスとして使用され、古代エジプトではミイラ保存の防腐剤として利用されていたようです。生薬や香辛料などとしても使用され、現在ではお菓子の香りづけなどにも用いられています。ハーブティーとしては、主にセイロンシナモン(スリランカ産)と、カシア(中国産)の2種類が使用されています。シナモンティーに含まれる主な成分は桂皮アルデヒド、ポリフェノール、プロアントシアニジンなどです。

味・香り

シナモンティーは、甘みがありながらスパイシーさもある独特の味わいをしています。香りは、シナモン特有の甘く異国情緒のある香りです。

効果・効能

シナモンには抗酸化作用があるため、アンチエイジングに効果があるといわれています。毛細血管の減少を防いで保護する作用もありますので、お肌のたるみやシミなどの予防にも役立ちます。また、血液の巡りを活発にする作用もあるため、冷え性の改善や、身体の冷えに起因する関節炎などの緩和にも有効です。発汗作用もありますので、風邪の予防やケアにも役立ちます。身体が温まることで消化器系の働きを高める効果もあるため、消化不良や下痢などの改善にもつながり、むくみの解消にも効果的です。さらに、シナモンにはインシュリンの働きを活発にする作用にも期待できますので、糖尿病の予防やケアにも有効です。そのほか、脂肪細胞の増加を防ぐ働きもあるため、肥満の予防にも効果的です。

その他にも、シミ予防に効果のあるハーブティーを紹介

クランベリーティーの効能!豊富なビタミンで美白・美肌効果!疲労回復の効能!妊婦さんは要注意!

クランベリーはジャムやジュースに利用されることの多い果物ですが、ハーブティーとしても人気があります。 ...

続きを見る

アロマの効能

シナモンの香りには、気分を高揚させてリフレッシュさせる働きがあるとされていますので、眠気覚ましや気分転換、集中力の向上などの効果があるといわれています。気分の落ち込みや不安感など、ネガティブな気分の緩和にも役立ってくれるでしょう。また、シナモンの香りには食欲を抑制する作用があるともいわれていますので、ダイエットにも効果的です。そのほか、身体の冷えを防ぐ作用にも期待できるため、冷え性の予防やケアにも役立ちます。

副作用デメリット

シナモンには子宮を刺激する作用があるため、妊娠中の方は飲用を避けてください。また、大量に摂取すると肝障害を引き起こす恐れがあるため、健康な方も飲み過ぎないよう注意しましょう。

入れ方・飲み方

シナモンティーの入れ方

お湯を沸かし、ティーカップにお湯を注ぎます。カップが温まったらお湯を捨てましょう。
ティーカップにシナモンを入れ、お湯を注ぎます
2分程度蒸らすと出来上がりです

シナモンティーの飲み方

シナモンティーは、シングルよりもブレンドで飲むことをおすすめします。紅茶と組み合わせたり、ミルクを入れてチャイにして飲むと味わいがマイルドになりますよ。

まとめ

シナモンティーは美容や健康への効能のほか、精神面への効能にも期待できるハーブティーです。エキゾチックな香りと味わいを楽しんで、シナモンティーを心身の健康と美容のケアに活用してくださいね。

-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.