RIKYUU.JP

ハーブティーの効能と効果を紹介

アグリモニーのハーブティー、効能・効果を紹介

更新日:


アグリモニーは小さな黄色い花が印象的なハーブです。古くから薬効のある植物として愛用されてきましたが、甘い香りと飲みやすい口当たり、健康への効能などが好評で、ハーブティーとしても人気があります。
今回は、そんなアグリモニーティーの香りや味わい、効能や飲み方などについてご紹介します。

アグリモニーティーとは

アグリモニーはバラ科に属する植物の一種で、ヨーロッパなどを原産地とする多年草です。古代ギリシャや古代ローマの時代には止血や傷口の洗浄、健胃などに役立つ薬草として利用され、中国では漢方として使用されてきました。また、アグリモニーは染料や蜂蜜酒の香りづけなどにも用いられ、近年では健康に効能のあるハーブティーとしても親しまれています。アグリモニーティーに含まれる主な成分はビタミン類、タンニン、カテキン、フラボノイドなどです。

味・香り

アグリモニーティーは、ウーロン茶を思わせるスッキリとした味わいをしています。香りは、アプリコットのような甘い香りです。

効果・効能

アグリモニーティーには抗炎症作用が見込めるため、喉の不調や気管支炎などの症状緩和に効果的です。濃い目に入れたお茶をうがいに利用すれば、口内炎や咽頭炎などの予防やケアに役立ちます。消化器官の働きをサポートする作用もありますので、胃痛や消化不良を和らげる働きにも期待できます。利尿作用によって尿道炎や膀胱炎を和らげる効果もあり、また、収斂作用もあるため軽い下痢などの症状を改善する働きもあるといわれています。尿酸値の上昇を防ぐ作用もあるため、海外では尿路結石の治療にも用いられているとのこと。さらに、アグリモニーには抗ウイルス作用にも期待できるとされているため、風邪の予防やケアにも役立ちます。そのほか、強壮作用や肝機能の働きを調整する作用、胆汁の分泌を促すなどの効能にも期待できるようです。

その他にも、消化不良に効果のあるハーブティーを紹介

レモングラスの効能や効果、味と香りは?

レモンのような香りが特徴のレモングラスは、トムヤムクンなど東南アジア料理には欠かせないハーブです。ハ ...

続きを見る

その他の効能

アグリモニーは浸剤として利用することも可能です。アグリモニーには血液凝固作用があるため、昔から戦場などで負った傷口の洗浄や止血に利用されてきました。現在でも、傷口の手当てをはじめ、火傷や湿疹など皮膚の炎症を鎮める効果があるといわれており、患部に湿布あるいは流布することで症状改善のサポートに役立ってくれます。ただし、まれに皮膚炎症を引き起こす場合がありますので、使用の際はあまり濃く抽出しないよう、抽出濃度に注意する必要があります。

副作用デメリット

妊娠中の方やお子さんはアグリモニーティーの摂取を避けましょう。また、アグリモニーティーを飲み過ぎると便秘を引き起こすことがあるため、便秘になりやすい人は摂取量に注意してください。

入れ方・飲み方

アグリモニーティーの入れ方

1.カップに沸騰したお湯を入れて温め、カップが温まったらお湯を捨てます
2.カップのフィルターにアグリモニーを入れます
3.お湯を注ぎ、フタをして5分~7分程度蒸らします
4.フィルターを取って、出来上がったアグリモニーティーをいただきましょう

アグリモニーティーの飲み方

アグリモニーティーはシングルでも比較的飲みやすいハーブティーです。一日2杯程度を目安として、食事やスポーツ後などに飲用しましょう。

まとめ

アグリモニーティーは香りは甘めですが、飲み口はサッパリとしてクセの少ないハーブティーです。飲み過ぎに注意して、アグリモニーティーを健康対策の一つとして取り入れてみてくださいね。







-ハーブティー

Copyright© RIKYUU.JP , 2018 All Rights Reserved.